自己紹介

初めまして、早稲田大学の理工学部樋口と申します。
昔から本を読むことと機械をいじることが好きで、結果として理系にたどり着きました。
趣味はインドアからアウトドアまで、面白そうなことであれば何でもチャレンジしようと心がけています。
興味があることにはとことん全力で!というのを日々心がけています。

 

JDネットのインターン(アルバイト)に応募した理由

個人事業として(小さいですが)ホームページを作る仕事をしていたのですが、
自分で勉強しただけだと、あらゆることがトライ&エラーの連続でした。
企業では当然教わることだ、社会としての常識だ。と言われる物事も、自分一人で見つけていたのではキリがありません。
事業成功のため、よりスキルアップしたいという思いから企業を調べていたところ、ライトアップに出会いました。

実はライトアップと出会った経緯が面白い話で、私の親が地元東北で事業をしており、ライトアップが主催する
経営者向け事業勉強会に参加しまして。その内容がとても参考になったらしく、
私に「渋谷の会社でいい会社があるから、一度話しだけでも聞いてみたら?」と連絡があったんです。

親がそこまでいう会社も珍しいので、まずは会社説明だけでも簡単に聞かせてもらおう、と会社に伺ったところ、
ミッションや事業内容が私に激ササリしまして・・(笑)

ライトアップはウェブという分野においては非常に歴史が深く、それだけ多くの問題にも直面している企業だろうと思いました。
賢者は歴史から学ぶ、という言葉に習えというわけではありませんが、
営業分野、製作分野のさらなるスキルアップと、長年の企業だから持っている磨かれたノウハウというのが、
ライトアップなら勉強できるだろうと強く思えたので、応募いたしました。

インターン(アルバイト)でやっている事、業務内容

顧客へのアポイント、訪問から、実際に顧客が抱えているあらゆるウェブの問題の
「解決策を探り、実践し、成果を出す」という一連のプロセスを行っています。
もちろん勉強すべきことは非常に多く、難しいことも多いですが、
企業の行っている業務というのにここまで深く入り込むことはほかの企業ではそうそう経験できることではないだろうと思います。

 

得られる体験・スキル

まず一番に身につくことが「問題解決力」と「責任感」です。

実際に自分で顧客の声を聴き、それをもとに最良の改善策を思案する。
さらに、顧客との連絡などは自分で行い、成果を出す。
これを勉強できるということは、とても貴重な経験だと思っています。

また次に、ウェブに関する非常に幅広い知識を得ることができます。
これからはインターネット活用が常識の社会になってきますので、
この知識を得るということは一番基本的で、一番重要なことだと思っています。

あと、最後に最も重要なスキルが「ビジネスマナースキル」です。
ライトアップの顧客が経営者中心の為、それ相応の対応力が求められます。

あいさつ、身だしなみ、態度、言葉遣い、名刺交換のやり方など、
学生とビジネスマンとで、最も異なる点はここなのではないでしょうか。
多くの経営者との打ち合わせから急速なビジネスマナーの習得が出来ます。

 

JDネットのここがいいところ!(サービス、会社、環境)

我々インターンにも十分な活躍の機会が与えられることです。
インターンとして企業に入って、実際に自分で顧客にプレゼンをすることができる企業がどれだけあるでしょうか。
また、顧客が直面している問題の解決相談に、実際に参加することができる経験ができるでしょうか。
さらに、失敗を恐れない。という風潮がとてもいいです。

私はほぼゼロベースでインターンをしていたので、当然数多くの失敗をしました。
しかし、失敗は成功の母である。という言葉がありますが、失敗から勉強できたことも数多くあります。
やる気さえあれば本当に社員さんと同じように責任のある業務にかかわることができます。
本人のやる気、実力を大切にしてくれるのは、とてもやりがいがあります。

将来の目標、なりたい自分

将来は、もともとやっていたホームページ作成に、よりノウハウなどをつけたして、
顧客満足度の非常に高いサービス提供をしていきたいと思います。
また、営業は営業だけ、というのではなく、技術やノウハウを持った営業ができるようになる。というのも目標です。

 

応募者に対するメッセージ

応募する際に必要なものはウェブの知識ではないと私は思っています。
学びたいという思いと、未来の自分を見据えた計画性。

その計画を実行に移す情熱だと思っています。
現に私は本当にひよっこで入ったのが、今では一つのプロジェクトを任せられるようになってきています。
ライトアップではやりたいこと、挑戦したいことはなんでもトライできます。
これだけの成長ができたのは、努力はもちろんですが、それを伸ばしてくれる最良の環境だったと思っています。

PAGE TOP